読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「天花寺には華がある」

スタミュ2期3話と、中等部組の「青空SEASON」に頭をぐっちゃぐちゃにされていたら1週間過ぎていました。冬子です。

辰己くんに麦茶は入れられるのか、そして川釣りを止められる申渡くん……ちょっとこれはまた改めて落ち着けたら書きますが、落ち着ける日が来るのか……?

さて、あっという間に4話です。3話のラスト、天花寺翔様グッズ各種は、天花寺の歌舞伎出演の伏線でした。

スタミュ1期1話から、天花寺は「梨園の貴公子」という名を背負っていましたが、2期4話にて、舞台に立つ天花寺の姿がようやく見られます。幼少時から舞台に立っていたようですが、星谷くんら、そして私たちにとっても、歌舞伎役者としての天花寺翔の姿を見ることは、初めてでした。(1期にて映画出演している回もありましたが)

私は天花寺翔という役者をよく知らなかったのだなあと、反省しました。

ものすごく何となく、なのですが。技術だけで言ったら、上の方に、辰己くん・月皇くん・揚羽くんがいて、その下に他のみんながいて、そのみんなの中でも下の方に星谷くんがいるのかなあ、と思っていた。本当に申し訳ない。

お金を取る舞台の主演。そんな役者でした、天花寺翔。

自分に厳しくて、他人にも厳しいけれど、一度懐に入れた人間に対しては面倒見が良い。常に堂々としているのは、自分に自信が持てるだけの努力を重ねたからだ。

高校3年間、最初はただの消化するものにしか過ぎなかったけれど、今や、短い短い花火大会の夜みたいだ。ずっとずっと続いてほしいのに、必ず終わりが来る。周りとは違う、生まれ持った宿命の道を一人きりで真っ直ぐに歩いていくことが課せられている天花寺翔に許された、最初で最後の3年間のまわり道。

ミュージカルスターになる朋友たちとの道は、中々交わらないかもしれないけれど、それでも、いつか同じ板の上に揃ったら、いつもみたく「相変わらずだな、野暮助」と笑っててくれたら、いいなあ。 「天花寺には華がある」と言ったのは、鳳先輩だった。さすがの鳳先輩でも、天花寺のいう「華を極める」話は知らなかったはず。言われた時、天花寺の心は、どんなに震えたことだろう。 膝の怪我が、大ごとにならなければいい。それだけが心配です。

「揚羽の目に映っている月皇遥斗とは?」

前の記事を書いていて思ったのですが、果たして「揚羽くんは今の月皇遥斗のミュージカル等の公演を観に行っているのだろうか?」問題が浮上です。

スタミュ2期の1・2話を見る限り、揚羽くんが執着しているのは「高校2年生の時の卒業記念公演でアレクシスの影を演じる月皇遥斗」であって、それ以降の「月皇遥斗」ではないのではなかろうか。だから揚羽くんがスタミュ2話で演じてみせたアレクシスの影のワンシーンも、月皇海斗くんとアンシエントの3人が「今のアレクシスの影は、高校2年の時に月皇遥斗が演じたものだ」という反応であった。(辰己くんにとっては、月皇遥斗=実力のある先輩たちの内の一人であるから、技術には驚くものの特に月皇遥斗っぽさに関するリアクションはない)

ただ、一つ注意する点もあって。「月皇遥斗は海外の公演にばかり出演するようになって、気軽に観に行けなくなった」という可能性もある。スタミュ1期で最優秀演劇大賞(ちょっと語句が完全一致してるか不安です)を受賞し、その後のプロのお仕事見学回では日本にいて仕事をしているものの、スタミュ2期では1話から海外にいる。旅費とチケット代と、学業との兼ね合いで、そんな簡単に観にいけないのかもしれない……。

◎自由気ままな展開予想

卒業記念公演の配役決めオーディションの当日。アレクシスの影役のタイミングで月皇遥斗が帰国した足でスーツケースを引っ張って、魚住さん曰く「ヘラヘラした」顔で登場。(スタミュ1期1話で、星谷くんの最後の面接の途中にやって来た鳳先輩のようなタイミング)

揚羽くんの演技を見て、高校2年の時に自分が演じたアレクシスの影のコピーだとすぐに気づく月皇遥斗は、「俺のことを目指してくれるのは嬉しい。確かに、あの時の俺にとって、あの演技は全力を尽くしたものだったけど、未熟だった。今も未完成だ。それに、君の良さはそんなものじゃないと思う。もっと自由気ままに羽ばたいてみなよ。君だけの花を咲かせてみせてくれ」的なことを言って、揚羽くんは今の月皇遥斗をようやく見て、惚れ直して、「あ、あれー?こんなつもりじゃなかったんだけどな。ははっ」とか言って、また魚住さんに「お前はもう本当に!」とか言われてど突かれながら、アンシエントたちはわちゃわちゃするのでは!なかろうか?!!!

アンシエントのおにいさんたちが!大好きです!!!

2017.04.16/huyujitaku/冬子

「星谷くんと揚羽くんの関係?」

星谷くんと揚羽くん、卒業公演での2年生育成枠の役の希望は違いますが、1・2話において噛み合わないものの会話を必ずしていること、そしてOPでの演出により、まあ何か必ず今後あるよなあということが予想されます。ということで、現状わかっていることを整理しておこう。 【一致】憧れの人との出会い、自分は中学2年で相手は高校2年の時 【不一致】憧れの人物が誰だか わかっていない→星谷くん わかっている→揚羽くん 【不一致】憧れの人物からの指導を 受けている(ただし自覚なし)→星谷くん 受けていない→揚羽くん 一番気になるのは、それぞれの関係が多少クロスするのですが「揚羽くんと遥斗さんは面識があるのか?」というところ。 現状、スタミュ1期より以下のことは確定です。 ◎面識あり 星谷くん-鳳先輩 星谷くん-遥斗さん(プロのお仕事見学回より) 鳳先輩-遥斗さん(面識なんてものじゃないが) そして、以下は推測ですが。 △会話描写はないが互いに目視したことは多分ある 鳳先輩-揚羽くん(新人お披露目公演、綾薙祭など) ×多分会話したこともなく目があったこともない 揚羽くん-遥斗さん 遥斗さんが今後アンシエントとしてやってきて「やあ、星谷くん」とか言った日には……大変なことになるのではなかろうか……。 2017.04.16/huyujitaku/冬子

「予告からのスタミュ第3幕予想」

スタミュ第2幕の後の第3幕予告を見ての超好き勝手・次週の放送までの予想

アンシエントが来るぜ!ということでわくわくしていた揚羽くんなんだけども、何回見ても先輩は3人で月皇遥斗はいません。どうして僕に会いにきてくれないの、神様……と満月を見上げながらダークサイドに落ちています。

一夜明けて休日に、綾薙学園中等部の春季部活発表会に、那雪シスターズに誘われて出向いた、星谷、那雪、月皇、天花寺。空閑くんはバイトのため不在。空閑くんのバイト先に、虎石が、南條くんと北原くんを連れてやってきます。チャリできた。空閑くんの超絶ピアノテクニックに沸くオーディエンスを見て、北原くんは「いつもボーッとしてるのにアイツやるじゃねえか。俺より目立ちやがって有罪」とか何とか言ってると、多分北原くんと南條くんのミュージカルか始まります。ギルティがどうとか、イノセントがどうとかいう歌で、床は白黒の市松模様とかです。虎石くんはフワトロ卵のオムライスに夢中です。南條くんはアイスレモンティーを飲んでて、飲み終わって「やっぱり今日はホットにしといたら良かったかな、寒い」とか思いながら、空閑くんも虎石くんも高等部から綾薙だっけー?とか聞いている。

さて、チーム鳳の面々のもとに、どこまで本気なのかわからないドジっ子蜂矢くんが、例の「振って飲むオレンジジュース」を持ってやってくるんだけども、はい、案の定ソフトクリーム食べてる戌峰くんとぶつかって、ピタゴラスイッチ的に演劇部の様子を見にきていたルイ・タツミとエイゴ・サワタリがオレンジジュースも滴るいい男になります。キャッ!本来は衣装付きでThe Eleganceなものを披露する予定だったのに……というタイミングでやってくる救世主、那雪シスターズの手によって、星谷くんのドレスアップが完了。有無を言わせない辰己くんによって、ステージを送り込まれます。多分靴のサイズが星谷くんにしか合わなかったから。

エンディングのあとは、今週も早乙女律のマンションに集うアンシエントが見られます。そうこうしていると、遥斗さんから、裏ミッションに関する追加の詳細連絡がやってくるんだなあ。任せっきりで悪いなと思いつつ、決してそういうことは言わないのが遥斗コミュニケーション。今週のお取り寄せはういろうです。もちゃもちゃ食べてる魚住さんが見られます。

以上!第3幕が楽しみです!!!

「リーダーとしての決断、かもしれない」

スタミュ2期2話、チーム柊「カメレオン・スター」を見ていたら、1期のチーム柊「スター・オブ・スター」が見たくなって、合宿回を見返していました。

夜、一人でホールで発声練習をしている星谷くんの元に、ライバル・チーム柊のリーダーである辰己くんが通りかかります。

「生き残るためにチームを引っ張っていくのは……大事な時、決断をすべきなのは、リーダーの君なのにね」とチーム鳳のリーダーである星谷くんに、辰己くんは投げかけます。

その後、メンバーが辰己くんを呼ぶ声で、辰己くんはメンバーの元に戻っていきます。

(このシーン、稽古場の鏡に映った辰己くんと星谷くんの引きのカットがめちゃめちゃ良くて何回でも繰り返し見られる)

このリーダーとしての心構えが表れた結果が、スタミュ2期2話でのチーム柊のチームとしての配役なのではないか。

他のチームがどう出てくるかは想定せずに、全員が全員勝つ気のオーダーでいくことを、最後に決めるのはリーダーの辰己琉唯です。アレクシスの影役が激戦になることは、チーム柊の参謀役・申渡くんが考えるまでもなく明白です。(チーム楪・蜂矢くんも「予想通りですね」と言っていますし)

コーチ役の先輩・アンシエントたちからも「スター・オブ・スター」と評されるチーム柊のリーダーとして、一歩も引かないことを決める。ぶつかって、絶対に勝ってやるという意志。それぞれの役のオーディション候補者が貼り出された時の、申渡くんと卯川くんの「辰己に月皇くん。流石は育成枠の花形。オールスターですね」「でもさ、これって潰し合いじゃん」というやり取りに辰己くんは微笑んだ。これが辰己琉唯の「最高よりもっと最強のスタイル」なのかもしれない。

2017.04.13/huyujitaku/冬子

「引き分けにはなりえない?」

スタミュ2話にて。今季の最大の争点であろう卒業記念公演について、2年生育成枠の役は個人がそれぞれ勝ち取るのではなく、チーム戦だということが発表されました。

ま、まじか!

役は5つ、スター枠のチームは1つだから、全部のチームが1つずつ役を取って引き分け!という展開にはならなさそうかなあ、とは思います。

現状で、チーム暁だけ誰も声がついていないので……。ここから巻き返してくるのかな?!!!

確実に取るなら過半数の3役取りたいところですが、どの役も激戦で中々厳しそうですね。1役取るチームが3つと、2役取るチームが1つが現実的でしょうか。


さて、それぞれのチームの立場から必勝パターンというか勝利条件を考えてみます。

チーム漣は南條がアレクシスの影役、北原がオーランド役を取らねばなりません。

チーム楪は揚羽がアレクシスの影役、蜂矢がハーディー役を取らねばなりません。

アレクシスの影役の混戦具合よ。

この2つのチームはがっつり声がついているのが2人ずつだから、簡単に立てられるのですが、ここからです。


まずはチーム鳳から。

役の重複度合が他の役よりも低いパーシーを那雪が取って、あと一つ。他の作品であれば猛練習により主人公の技術力が急激に上がって主人公が役を取るという展開になる可能性はありますが、その点においてシビアなスタミュでは、そんなことはなさそうです。主人公・星谷くんは1期1話でも2期2話でもD判定を付けられていますし。伝説の先輩・月皇遥斗と、遥斗に憧れる揚羽が登場したことで、遥斗の弟である月皇海斗の成長エピソードがあるのだろうということは想定できますが、後述の理由によりチーム鳳のもう1つの役はオーランド役を空閑くんが取るのではないか、というところで落ち着けておきます。


さて、チーム柊です。なぜチーム柊が一番最後かというと、私がチーム柊が一番好きだからです!ひいき!

チーム鳳と同じように、役の重複度合からいくと、チーム柊が一番すっぱり決まります。パーシー役を卯川、ランバートの影を申渡くんが勝ち取ることが勝利条件。もしくは、スタミュ2期のチーム柊の楽曲「カメレオン・スター」のセンターを戌峰くんが務めたことから、ハーディー役を戌峰くんが取る。というのが、素直な予想なのだと、自分でも分かってはいるのです。分かっているのですが、私は、辰己琉唯くんが一番好きなのです……!今回、辰己くんがアレクシスの影役を勝ち取ることは、ものすごく難しいことだと思います。先述した通り、月皇遥斗・揚羽・月皇海斗のアレクシスの影役を巡るエピソードは今後きっとやってくるでしょう。それでも、役が決まるその瞬間まで、スター・オブ・スターの辰己琉唯がアレクシスの影役を勝ち取ることを信じていたいのです。


ということで、アレクシスの影役を辰己琉唯が、ランバートの影役を申渡くんが勝ち取って、チーム柊が卒業記念公演に出演してくれることを祈って!今夜は筆を置きたいと思います。

分析でも考察でもねえ!祈りだ!!!


             2017.04.13/huyujitaku/冬子



「今季何を追っている?」

冬子(ふゆこ)です。

書きたい気持ちがぐわっと高まったので、ついったーと連携して使うためのブログをはじめました。

書かないでいるといろんなことを忘れてしまうし、その日にどんな感想を抱いたのか、どんなことを考えてみたのか、もうちょっと大事にしてみたい。


そんな今季、追っているのは以下の通り。

スタミュ2期

有頂天家族2

進撃の巨人

サクラダリセット

月がきれい

サクラクエスト

カブキブ!

僕のヒーローアカデミア


まだ録画しただけで見ていないものもあるので増えるかも!今季も忙しくなりますな!

大本命はスタミュです!

まだスタミュミュ観劇の感激から抜けられない今日この頃です。


                2017.04.13/huyujitaku/冬子